ドメインパワー0の運営実態とは?弱いなりに検索1位を取る戦術とコツ

雑記

どうもタミと申します。

永遠の0…

ドメインパワー0系ブロガーです。

こんなドメインパワー0で果たして運営はどうなっているのか?ドメインパワーを上げる方法は本当に効果があるのか?

ドメインパワー0で戦う為にはどうするのか?ドメインパワー0のみなさんの悩みにドメインパワー0の私が答えましょう!

うだら
うだら

これ成立するの?w

タミ
タミ

うだらさん、ドメインパワー0の苦しみはドメインパワー0にしかわからぬのだよ…

この記事でわかる事

  • 一般的に言われるドメインパワーの上げ方
  • ドメインパワー0の運営実態
  • ドメインパワー0なりに戦う為の戦略
  • ドメインパワー0で検索1位を取るコツ
プロフィール
この記事を書いた人
タミ

元北海道の観光バスドライバー、バス乗務歴19年
現在神奈川に住むアラフォーです。趣味のバイクで2021年ブログスタート!愛車はVストローム250!主にVストローム250、妻のハーレー、関東近郊ツーリング情報、ツーリングお役立ち情報の記事を書いてます。

タミをフォローする

ドメインパワーとは?

ドメインパワーとは、読んで字のごとくドメインの力ですが、ブログ業界で言うドメインパワーとは

『アクセスSEO対策ツールズ』さんで調べる事ができるドメインパワーを数値化したものを指します。

数値が高いと強いドメインとされ、最低は驚きの0です。

タミ
タミ

最初『0』見た時吹いたわ 笑

ブログ業界では、ドメインパワーの上下に一喜一憂し、ドメインパワー0は虐げられ、罵られ、見下され、、

うだら
うだら

被害妄想が酷いw

兎にも角にもドメインパワー0から脱する為、ドメインパワー0ブロガーは日々戦っているのであります。

ドメインパワーを上げる方法

ドメインパワー0の私が書いたところで説得力0ですが、一般的に言われるドメインパワーの上げ方を紹介します。

  • 被リンクを獲得する
  • 長期間サイトを運営する
  • 沢山記事を書く
うだら
うだら

ドメインパワーも説得力も0だね(*゚∀゚*)

被リンクを獲得する

現実的にもっとも簡単そうで、難しいのが被リンクを獲得する方法です。

説明しよう!

被リンクとは外部サイトが自サイトのページをリンクする事だ!

基本的には長期戦略で、一次情報の記事を量産したり、営業したりと初心者にはハードル激高ですが、

いくつか無料で簡単に獲得する方法があり、ブログ業界では流行っています。

  • ランキングサイトで被リンク獲得
  • ペライチで被リンク獲得
  • ピンタレストで被リンク獲得
  • HTML名刺で被リンク獲得
  • AJIDパワーランクランキングに参加で被リンク獲得
  • ブログ収益ランキングに参加で被リンク獲得

ランキングサイトで被リンク獲得

ブログ村や人気ブログランキングなどランキングサイトに登録することで被リンクを獲得する事ができます。

必ずしもランキングに参加する必要はありません。登録して自動投稿の設定をするだけで記事を公開するたびに勝手に被リンクしてくれます。

タミ
タミ

なんという事でしょう。オート被リンク機能が付いているのです(゚∀゚)

ペライチで被リンク獲得

ペライチとは無料でHPを作れるサービスです。

タミ
タミ

作ったHPに自サイトのページを貼りつけてしまおうというわけです。

登録方法もそれほど難しくないのでドメインパワーを上げたい方はやってみましょう。

タミ
タミ

スタートプランに変更する事をお忘れなく、有料になっちゃうよ!

ピンタレストで被リンク獲得

ピンタレストとはわかりやすく言うと画像のSNSで、TwitterやInstagramと違い被リンク効果があります。

タミ
タミ

女性をターゲットにしている方なんかは集客効果もあるのでは?

うだら
うだら

タミちゃんのサイトには無縁のやつだね!(*´∀`*)

タミ
タミ

嘆かわしい事です…

私はまったくなのでリンクさせて頂きます 笑

HTML名刺で被リンク獲得

HTML名刺とはweb上の名刺を作ることができるサービスです。Twitterと連携させるのでTwitterの利用が使用する条件になります。

タミ
タミ

登録してURL貼るだけ、めっちゃ簡単!

Twitterを使っていない人は少し面倒ですが、元々Twitterを利用している人は簡単なので是非利用したいサービスですね。

AJIDドメインパワーランクランキングに参加する

AJIDドメインパワーランクランキングとは、ドメインパワー測定ツールでお馴染みのアクセス対策ツールズさんが行っているランキングになります。

タミ
タミ

ドメインパワー0でも大丈夫!

けっこうお友達もいるぞ!

参加するにはAJIDの会員登録とメルマガ購読が条件になりますが、特に気になるほどメールがきたり、怪しい事もないので安心して登録できます。

タミ
タミ

なんならまだメルマガ一回も来てないです 笑

ドメインパワー測定ページの1番下に入り口がありますよ!

ブログ収益ランキングに参加する

ブログ収益ランキングとは、ブロガーのDOMさんが運営するサイト『blogus』内にある『他のブロガーなんぼ稼いどんねん?』といった感じのランキングページです。

参加する為には収益が発生している必要があります。始めたばかりのブロガーさんが参加するのは難しいですが、

収益が1円でも発生していれば参加できますので『Google AdSense 1円』でもあれば参加してみる事をおすすめします。

タミ
タミ

個人的には1番おすすめ!

何故なら家計簿みたいで面白いからだ!

長期間サイトを運営する

長期間サイトを運営する事でドメインパワーは自然に上がります。(多分)

タミ
タミ

真面目に運営していればほっといても上がるって事ですね!

強いサイトを作る為には時間も必要という訳です。真面目に腐らずにコツコツ運営していきましょう。

沢山記事を書く

同時期から始めたブロガーさんでも沢山記事を書いている方はドメインパワーが上がっている傾向にあります。

タミ
タミ

私は現在ブログ開始5ヶ月、33記事と超スロー更新マンでござる…

中にはとうに100記事を超えていてドメインパワーが5くらいになっている方も…

このように記事数はドメインパワーに大きく影響すると思われます。

タミ
タミ

私がドメインパワー0なのは、記事数のせいだ、きっとそうだ!

そうだと言ってくれーーーっ!

実際にやるとドメインパワー0→?

この記事を読んでいる方が、今すぐできる事といえば、被リンクを獲得するくらいでしょうか?

実際に私もピンタレスト以外はすべてやっています。当然ドメインパワーを上げたい気持ちがありますし、情報を手に入れると検証しないと気が済まない性格です。

うだら
うだら

いい性格してるよ、ホント(´-ω-`)

タミ
タミ

褒めてはいない事は了解しました

(`・ω・´)

果たして結果はどうでしょう?

タミ
タミ

はい、期待通りの飯うまです。

うだら
うだら

最初に0だって言ってたからねw

世の中そんなうまい話しはないという事です。世に出てる『○○でドメインパワー爆上がり』的な方法は、あくまでも積み重ねに少し+αできる事だと理解しましょう。

タミ
タミ

魔法の杖はブログにはない!

まだペーぺーだけどこれだけは断言できる!

ドメインパワー0の運営実態

さて、現実を知ったところで実際にドメインパワー0のブログはどんな運営状況か見ていきましょう。

現在のスペック

  • 開始5ヶ月
  • パソコンなし
  • ブログ知識0スタート(日記でしょ?スタート)
  • テーマ『cocoon』
  • 半特化ブログ
  • 記事数33

現在のPVと検索流入

PV…約5,000/月

タミ
タミ

PVの90%が検索流入です。毎月ちょうど倍くらいに増えていってます。ありがたや〜m(_ _)m

Google検索流入…70〜90/日

タミ
タミ

最初の目標、day100流入までもう少し!

現在の収益

Google adsense…うまい棒18本で停止中

タミ
タミ

PVが付くまでadsenseは不用と判断、現在は停止中です。

アフィリ収入…約3,000円/月

タミ
タミ

ほとんどがAmazonアソシエイトの売り上げです。

ドメインパワー0なりに戦う為の戦術と検索1位を取るコツ

正直いうと思いのほか順調です。成果の出方は人それぞれですが、私の場合は綺麗に右肩上がりに上がっていってくれています。

タミ
タミ

全然凄くはないけど、思っていたよりも悪くないです。

ブログの運営方法は自由なので、戦略の取り方も自由です。一般的にはとにかく記事を量産して、書くことに慣れる方法が勧められています。

タミ
タミ

誰が言ったかは知りませんが、そうらしいです。

しかし、私は性格的に合わないので、1記事1記事仕上げる戦略をとっています。文字数は平均4,000〜5,000字です。

うだら
うだら

5,000字!吐きそう(@_@)

理由をまとめてみました。

  • やり込み癖がひどい自分の性格を熟知している為
  • 記事を書く事に慣れるだけでは不十分、検索1位を取れる記事を書く事に慣れる必要があると思った為
  • ドメインパワー0でも意外に戦える事がわかった為
タミ
タミ

この考え方が正解とは思ってません。受け売りではなく、自分のやり方を探しましょうねって事ですね!

サチコより最新の検索順位です。

うだら
うだら

めっちゃ1位じゃん!サボってばっかりだと思ってた∑(゚Д゚)

タミ
タミ

まだ小さいクエリばかりだけど頑張ってるよ!褒めて〜(〃ω〃)

ドメインパワー0でも3分の1の記事は検索上位です。当然闇雲に戦っているわけではなく、しっかりした戦術があります。

  • 一次情報を書く
  • 記事カテゴリーでネットワークを作る
  • 上位記事を参考にリライト

一次情報を書く

ネタを見つけるのが大変ですが、一次情報は強烈に強いです。

タミ
タミ

そりゃそうです。ライバルがいませんから…

みなさんも『困って検索したけどやり方出てこない』なんて経験がありませんか?

タミ
タミ

必ず1度は経験した事があるはず、どれだけニッチでも書いて損はない!

普段から当たり前のようにやっていて、見逃している事は本当にありませんか?

タミ
タミ

極端な話、『ペットボトルの開け方』なんて事でも誰も書いていなければネットにおいて一次情報なわけです。

私も一次情報の記事を3ページもっていますのでGoogle検索流入がどのような感じか見てみましょう。

  • ケース1、取り説に書いてある通りに作業しただけの記事

1ヶ月前に書いた記事です。かなりニッチなクエリですがほぼ独占な為、PVの底上げに活躍しています。

タミ
タミ

取り説に書いてある事でも誰も書いていなければネットの世界において一次情報になる、取り説無くした人とかもいますから…

  • ケース2、どこにも情報がないやり方を自分で考えて作業し書いた記事

まだ投稿して1ヶ月もたっていない記事です。画像集に取り上げられている為、CTRが下がっていてもこの数字をキープしています。まさに一次情報という強い記事です。

タミ
タミ

序盤動きがあるのは違う記事がクエリで検索された為、記事自体は投稿翌日から5位で始まり、1週間で1位になりました。強い!

  • ケース3、自分が思った検索意図を信じ、毛色の違う新しい情報で果敢に攻めた記事

最初はやっぱり外したか?と思いましたが、1ヶ月後くらいからグイグイ伸びてきました。複数のクエリで上位にいて、PVを支えています。

タミ
タミ

自分が検索した時に『これっ!』という記事がまったくなかった、こういう事ってありますよね?

このように一次情報はかなり強い記事になります。自分でやり方を考えなければならないケースがほとんどですが、見返りも大きいのでネタを見つけたら積極的に書いていきたいですね!

記事カテゴリーでネットワークを作る

特化ブログが早く成果を出しやすいと聞いた事があると思います。理由はそのカテゴリーにおいてGoogleが信頼をおいているからです。

タミ
タミ

私もあるジャンルで信頼を勝ち取っています。すぐクロールくるし、ほとんど一桁順位から始まります。

先程載せたサーチコンソールの画像

クエリの頭(○○ やり方 などの○○部)はほぼ全て同じキーワードです。

いきなり色々なキーワードを闇雲に書いてもGoogleは見向きもしてくれません。なんせドメインパワー0、ドメイン自体の信頼度は0なわけですから、、

そこで、Googleが信頼を置いてくれるように、しつこく同じキーワードの記事を書いていこうというわけです。

タミ
タミ

実例は書けないので例を上げてみます!

例えば固いあんかけのクエリを狙うとしましょう。

うだら
うだら

固いあんかけてw

『あんかけ 固い』だと強すぎる…と判断したら『あんかけ 固い 作り方』で記事を書きます。ここまではみんなやっているであろう、いわゆるロングテールキーワードですね。

しかし、私の戦術はさらに追い討ちをかけます。

『あんかけ 固い お店』『あんかけ 固い 広東麺』などなど、、集中して固いあんかけの記事を書きます。

うだら
うだら

美味しそう(*´﹃`*)

こうして『あんかけ 固い』では敵わなかったドメインパワー0が結果的に『あんかけ 固い』のクエリを陥落させる事になるのです。広告の片栗粉もバカ売れでしょう。

タミ
タミ

あんかけ 固いって 笑

うだら
うだら

自分で言ったんでしょ?w

コツは書いた記事を内部リンクで繋げてネットワークを作る事です。1つ売れる記事ができるとたちまち全体の評価が上がってきます。

タミ
タミ

名付けて『気になる人の知り合いからせめていこう作戦』ですね!

うだら
うだら

全然うまくないよ(´-ω-`)

Googleがその道の専門家と評価し、検索順位を上げてくれるのです。

タミ
タミ

君も晴れて固いあんかけの専門家だ!╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

検索上位記事を参考にリライトする

狙ったキーワードで上位にある記事は当然Googleが『検索意図に最もハマっている』と評価している記事です。

当然、私も読者の皆様もキーワードから検索意図を考えて記事を書きますが、一次情報でもない限りどうしても『ズレ』がでます。

タミ
タミ

ズレてもいいんです。むしろズレろ!

うだら
うだら

無茶苦茶言ってるね( ̄▽ ̄;)

その『ズレ』を上位記事を参考にしてリライトする事で『検索意図に沿った』かつ、『オリジナリティがある記事』に仕上がるわけです。

始めは最低限参考にして、リライト勝負こそがドメインパワー0系ブロガーが検索1位を取り切る為に必要な技と言えるでしょう。

タミ
タミ

実際の例を見てみよう!

バイクのとあるカスタムのやり方を書いた記事です。

初日は32位スタートでした。

2ヶ月弱で24位、ここでリライトを決行しました。

リライト内容を具体的に書きます。

リライト前の当ブログ記事→カスタムに必要な工具、カスタムの工程、カスタムした後の使用感

当時1位の記事→カスタムする理由、カスタムに必要な工具、カスタムの工程、カスタムした後の使用感

アンダーラインの項目が欠けてる事がわかります。では実際のリライト内容です。

リライト後の記事→カスタムする理由、カスタムに必要な工具、カスタムの工程、カスタムして2ヶ月間の使用感

欠けていた項目と新たなレビューを追加しました。

タミ
タミ

元のオリジナル感だけではなく、新たなオリジナリティも追加です。2ヶ月という時間をせっかくだから使おうというわけですね!

リライト後、順調に検索順位を上げ、1ヶ月で検索1位になりました。現在も1位継続中です。

このように、上位記事を参考にし、かつオリジナリティが当たれば案外簡単に検索1位を取る事ができます。

タミ
タミ

ドメインパワー0が1位を取る為にはオリジナリティが必須、はずす事を恐れてはダメだ!

始めから上位記事を参考にしすぎると、どうしても内容が寄りすぎて勝てませんので、リライトで勝負しましょう。

タミ
タミ

真っ向勝負は難しいって事ですね、、

ドメインパワーは本当に必要か?

ドメインパワーが絶対かというとハッキリ答えが出ていないというのが私の見解です。

しかし、少なくとも強いドメインというのは確実に存在していて、疑う余地はありません。

タミ
タミ

得意分野以外では同じようなポイント抑えても50位前後が限界ですから…

ドメインパワー高い=全ての検索で強いドメイン

この法則が不確かだという事です。

タミ
タミ

ドメインパワーはあくまでも目安です。私が1位を取っている記事の周りはドメインパワー50前後、80とかもあります。

今、私が強い分野に最強ドメイン楽天が来たところで、多分私の記事は負けないでしょう。

つまり、Googleの検索エンジンはドメインパワーで測れるほど単純ではないという事です。

ドメインパワー0の人が本当にやるべき事

ドメインパワー0の人が本当にやらなければならない事は良質な記事を書く事です。結局ブロガーはここにおさまります。

タミ
タミ

ドメインパワー0に嘆いていてもしょうがないという事ですね!

Googleに評価されたいカテゴリーで良質な記事を書く、これこそがブロガーにとって最も大切で、サイトを育てる事につながると信じています。

タミ
タミ

けっして特化ブログだからではないです。雑記ブログでも同じです。

ドメインパワーを上げる為に本来の目的を忘れてしまっている方は今一度、ブログを始めた当初の目的を思い出し、一緒にブログを頑張っていきましょう。

タミ
タミ

ドメインパワーを上げるのはもちろん大事です。しかし、そこがゴールではないはずだ!

おわりに

ブログの世界は不確かな事が多く、どうしてもGoogle検索やYouTube、Twitterなどの情報に頼りがちです。

タミ
タミ

当ブログはバズ部から主に情報を得ています(マジ)

そこの君!そんな顔をするな(´・∀・`)

しかし、Googleが発信しているわけではない以上、必ず疑う必要があると思っています。

タミ
タミ

当然、この記事も疑うべきです。

うだら
うだら

心配しなくても多分疑ってるよ(´∀`=)

Twitterなどで本来の目的を忘れてフォロワーを集めるのに必死な人、PVを集めるのに必死でPVの中身を考えない人、

盲目的に情報の表面だけを摘み取るのは危険です。

同じようにドメインパワーも上げる事が目的になっては、いざ上がった時に思っていたのと違うのは目に見えています。

今、ドメインパワーが0の状態を受け入れて戦う事が、ドメインパワーがいずれ上がった時の大きなアドバンテージになるはずです。

みなさんもドメインパワー0だからしょうがないと思わずに、ドメインパワー0でどうやって戦うかを考えながらブログに向き合ってみてはいかがでしょうか?

以上最後までありがとうございました。

コメント