バイクで立ちゴケをするリスクを激減させる4つの対策と起こしてしまった時の対処法

バイク

どうもタミと申します。

全ライダーをVストローム250に乗せ替えたい欲望に満ちた、野心家系バイクブロガーです。

うだら
うだら

毎回よく考えるねw

読者の皆様は立ちゴケを経験した事がありますか?ライダーなら誰もが恐怖する立ちゴケ、不意にその瞬間はやってきます。

初心者が起こすイメージがあるかもしれませんが、そんな事はありません。ベテランでも少しの油断で簡単に転びます。

タミ
タミ

一瞬のでき事なんだよねー(´-ω-`)

今回はそんな恐怖の立ちゴケを起こさない為にはどうするか?起こしてしまった時にはどうするべきかについて書いていきます。

こんな方におすすめ

  • 立ちゴケを予防する方法を知りたい
  • 立ちゴケをした時の対処方を知りたい
  • 立ちゴケ体験談をきいて安心したい
  • 立ちゴケから立ち直る方法が知りたい
プロフィール
この記事を書いた人
タミ

元北海道の観光バスドライバー、バス乗務歴19年
現在神奈川に住むアラフォーです。趣味のバイクで2021年ブログスタート!愛車はVストローム250!主にVストローム250、妻のハーレー、関東近郊ツーリング情報、ツーリングお役立ち情報の記事を書いてます。

タミをフォローする

立ちゴケが起こる時はどんな時?

立ちゴケとは何か?これは言うまでもないでしょう。不意にコテっと転ぶやつです。実際やると、めちゃくちゃ恥ずかしいですよね?

『そんな事やらないでしょw』そう思った人は、まだ免許取りたてですね?

タミ
タミ

私もやらないと思ってましたよ、、

少しでもバイクに乗った事がある方なら実際に倒すまではいかなくても、ヒヤリとした事が必ずあるはずです。

うだら
うだら

私はいつもびびってるよ、、

倒したら絶対起こせない(。-_-。)

立ちゴケをするタイミングは以下の時と相場が決まっています。

  • Uターンや切り返しの時
  • 信号や一旦停止での停止時や停車中
  • 目的地到着の時
  • バイク取り回し時
タミ
タミ

稀に発車時もあるけど、基本的にはこの4つのシーンが多いかな?

原因はさておき、ほぼ全てがこのシーンで起きます。そしてそのほとんどが以下の4点で対策をとる事ができます。

  • むやみやたらにUターンしない
  • 休憩をこまめにとる
  • 慌てない
  • 基本に忠実を心がける

では、一つずつシーンと対策について、見ていきましょう。

Uターンや切り返し時の立ちゴケとは?

最もポピュラーな立ちゴケのタイミングです。特にUターンの時は全立ちゴケのシェアNo.1を誇っています。

うだら
うだら

シェアNo.1ってw

タミ
タミ

YouTubeとか見てもやはりUターン時が多い気がする、、

何故起こりやすいかというと、単純に慌てている事が多いからです。

うだら
うだら

う〜ん、、確かに良い印象はないけど、なんで慌てる事が多いの?(๑•ૅㅁ•๑)

Uターンや切り返しをする時は、道を間違えてしまったり、何かを忘れたり、1度で曲がれるはずが曲がれなかったり、、ネガティヴなシーンが多いと思います。

タミ
タミ

もう、とにかく早くしたいってなるよね、、(。-∀-)

そうすると人は慌てます。早くその状況を脱したいからです。慌てから操作ミスをしてしまい、バランスを崩して『コテッ』これがUターンや切り返し時の立ちゴケです。

Uターン時、切り返し時の対策

ハンドルを目一杯切って動いているバイクは、かなりバランスが悪いです。バランスが崩れているところに、曲りきれないとフロントブレーキを握る事になります。バランスが崩れているところにフロントブレーキをかけると、さらにバランスが崩れ、簡単に転んでしまうのです。

この状況をつくってしまうと、かなりリカバリーは厳しいので、余裕で回れる確信がない限りUターンをしない事が大事です。切り返しに関しても同じ事が言えます。

むやみやたらにUターンしない事、切り返しに関してはとにかく慌てない事が大切です。車体から降りてするくらいの心の余裕を持ちましょう。

タミ
タミ

むやみやたらにUターンはしない!慌てない!両方大事!

信号や一旦停止、または停車中の立ちゴケとは?

信号や、一旦停止で止まるタイミングでも立ちゴケはよく起こります。停車中は、フロントブレーキを強く握ると思いますが、そのタイミングが早すぎて、止まり切る前にギュッと握ってバランスを崩し『コテッ』が王道でしょうか?

うだら
うだら

これ、めっちゃ恥ずかしいやつだよねー(´・ω・`)

タミ
タミ

穴があったら入りたいやつだ(´Д` )

やった事ないけど何度もヒヤッとしてるよ、、

その他にも足を出そうと思ったが、足が出なかったパターンもあります。疲労の為だったり、身体が固まってしまっていたり、単純に足が何かに引っかかる時もありますね。『あっ!』っと思ったら『コテッ』っとしています。

うだら
うだら

足が出ないてw疲れすぎでしょ

タミ
タミ

バイクを運転するのはかなり疲れるけど、疲れている事に気がつかない事も多いんだよ、、(・ω・`)

また停車中によそ見をしてバランス崩すパターンもあります。

信号や一旦停止、停車中の対策

ほとんどの場合は、疲労が原因なのでこまめに休憩を取る事が大事です。

人間の集中力なんてたかが知れているので、1時間も走ればかなり漫然とした状態になり危険です。

こまめに休憩を取り、フレッシュな状態を確保する事が最大の防止策になると思います

タミ
タミ

疲れると、どんどん集中力がなくなってくる。自分で集中できてないと感じる時は、とうに臨界点を突破しているのですぐに休憩しよう!

目的地到着時の立ちゴケとは?

停車時の立ちゴケと重複する部分が多いですが、プラスしてサイドスタンドの出が甘かったり、なんなら出し忘れたりする事があります

うだら
うだら

スタンド出し忘れるてw

タミ
タミ

人間、疲れていると何するかわかんないからね、、、(´・ω・`)

当然なんの抵抗もなくバイクは『コテッ』っと倒れます。サイドスタンドがしっかり出ていても勾配がきつかったり、足元が悪くて転ぶ事もあります。安心感から油断して起こる事が多いのも特徴です。

うだら
うだら

なんだか意味深だねw立ちゴケしたの?(´⊙ω⊙`)

ちなみに私が最近した立ちゴケはこのパターンです

うだら
うだら

声ちっさ!したんかい!Σ(゚д゚lll)

目的地到着時の対策

最後まで油断しない事が大事です。サイドスタンドを立てて、バイクがしっかり駐まるまで基本に忠実にしっかりおこないましょう

またなるべく地面がしっかりした所に駐車する事を心掛けましょう。油断している上にバイクが傾くと、そこからリカバリーするのは至難の技です。

うだら
うだら

全然知らなかったよ(ㆀ˘・з・˘)

タミ
タミ

言ってないからね、、(´-ω-`)

バイク取り回し時の立ちゴケとは?

十分気をつけていても起こすのが、取り回し時の立ちゴケです。単純に技術が甘かったり、雑に扱ったり、自分のキャパを超えたバイクを取り回す事で起こります。

うだら
うだら

はい!キャパ超えてます!(*≧∀≦*)

タミ
タミ

嬉しそうに言う事ではない!( *`ω´)

バイク取り回し時の対策

バイクを取り回す時はしっかりとバイクに身体を寄せ、密着した状態で取り回します

気持ち身体側にバイクを傾ける事で安心感があり、倒す確率も格段に下がるので確実に実行しましょう。

バイクが自分のキャパを超えている時は素直に助けを求める事が大切です。

基本的な事ですが、実際バイクを扱うとなかなかできません。絶対とは言いませんが可能な限り実践する事が大事です。

タミ
タミ

どうしても雑になってくるんだよ、慣れって怖いわー( ´△`)

うだら
うだら

私は全然慣れる気しないけど?(@_@)

タミ
タミ

大幅なキャパオーバーだからね!

立ちゴケ対策のおさらい

以上の事から、Uターンをする事、疲労状態で運転する事、慌てる事、基本を疎かにする事、この4点が危険である事がわかったと思います。

逆に言うとこの4点を回避する事で立ちゴケのリスクは格段に下がります。

タミ
タミ

立ちゴケしない為にも可能な限り実践しよう!

うだら
うだら

今日はえらく真面目だね?立ちゴケした?(*゚▽゚*)

しかし、立ちゴケが0になる事はありません。

もし、立ちゴケしてしまったらどうするか?ここからは立ちゴケしてしまった後の、正しい対応について書いていきます。

タミ
タミ

何回も言わせないでくれ!( *`ω´)

次行くよ!

もし立ちゴケを起こしてしまったら

まずは引き起こし、、当然そう思いますよね?

しかし、その前にまずは身の安全を確保して下さい!立ちゴケするとかなりテンパリます。そして、立ちゴケが起こるのは駐車場とは限りません。

道路上で起きた時には必ず後続車に全力で異常を知らせましょう。二次災害が最も危険だからです

タミ
タミ

二次災害は最悪の場合死亡事故に繋がる事もある大変危険なものです。全身全霊で異常を知らせましょう!

身の安全が確保された後にエンジンがかかっている時はエンジンを止め、まず明らかな燃料漏れが起こっていないか確認して下さい。

ほとんどありませんが、明らかに燃料が漏れている時は即JAF(レッカー)です。バイクを道路の端に寄せレッカーを待ちましょう。もちろん火気厳禁です。

タミ
タミ

少なくとも一つはロードサービスを持っていると便利!なければレッカー代はかなり高額になります。

特に異常がなければ引き起こしです。教習所もしくは試験場でやったやつですね。

ポイントをおさらいします。

  • エンジンを確実に切る
  • 可能で有ればギアを入れる
  • 右に倒した場合はスタンドを立てる
  • 倒した側のハンドル(下になっている方)とタンデムバーなど掴みやすい所を持つ
  • 身体をバイクに密着させる
  • 脚の力で起こす(押すイメージ)

こんなところでしょうか?コツさえ掴めばそんなに難しいものではありません。無理に腕の力だけで起こそうとしても、そうそう起きるものではないので必ず全身を使いましょう。

タミ
タミ

グッと押してスタンドポンだよ(・ω・)

うだら
うだら

苦労した事ない人の教え方やめて、、全然わかんない( ̄▽ ̄;)

補足として動画を貼りますので自信がない方は確認して下さい。

無事引き起こしが終わったら傷の確認です。ブレーキペダルが使用できるか?ギアチェンジは可能か?足元の操作類は簡単に曲がってしまうので、その辺を重点的に見ましょう。

使用できない時は当然レッカーを選択して下さい。間違えてもフロントブレーキのみで帰るなどの選択はしないように!

確認が終わったらエンジンの始動です。安全装置が発動しているはずなので、キルスイッチをオンオフしてからセル(もしくはキック)を回してください。

うだら
うだら

安全装置って何?(´⊙ω⊙`)

タミ
タミ

インジェクションのバイクには転倒を感知する転倒センサーが付いてるんだよ!二次災害を防ぐ為だね!

エンジンがかからない場合は、プラグが濡れている可能性があるので30分ほど待ってからもう一度やり直しましょう。

タミ
タミ

かなりテンパると思うけど、冷静にね!

立ちゴケ対策におすすめのアイテムと車両保険

立ちゴケに備えて、ハード面を強化する事も重要です。特にエンジンガードは不意な立ちゴケに対して、エンジンやカウルを守ってくれるだけではなく、完全にバイクが倒れ切る事も防いでくれます

うだら
うだら

倒れ切ったら絶対起こせない(@_@)エンジンガード無しは私は無理!

ハーレー納車後すぐ取り付けたエンジンガード

倒れ切ったバイクと完全に倒れていないバイクでは、引き起こしの労力が段違いなので、立ちゴケが不安な方は、まず最初に検討すべきカスタムです。形状や、材質で値段は大きくかわりますが、どんなものでも付けるに越した事はありません。

また、車両の破損となると車両保険が思い付きますが、立ちゴケは事故ではない為基本的には適応外です。

タミ
タミ

最近の保険はロードサービスが充実しているからそれだけでも入る価値はある(`・∀・´)

うだら
うだら

流石1年で3回レッカーされた男、説得力が違う、、Σ(・□・;)

しかし、立ちゴケに対応している車両保険も一部ありますし、立ちゴケ専用の保険なんてものもあります。また、補償が適応されなくても、ロードサービスは無料で使えますので、立ちゴケが心配な方は、バイク保険を是非検討してみて下さい。

立ちゴケ体験談

少しですが、つい先日私が立ちゴケした時のはなしです。

うだら
うだら

ついに来た!(*゚▽゚*)

タミ
タミ

何故嬉しそうなんだΣ(-᷅_-᷄๑)

その日は初めてゲルザブなんてものを装着し、友人と2人でツーリングをしていました。途中で高速のパーキングに寄り、駐車しようとした時のことでした。

いつものように左足をつき降りてスタンドを立てようとするとバイクを支える事が出来なかったのです。

タミ
タミ

あれっ?と思ったらもう支えられませんでした、、(´・ω・`)

ゲルザブの厚さはたったの18mm、されど18mmといったところでしょう。足をつける時にいつも以上にバイクが傾いていた上に、私がいつもと同じ力で支えようとした為、支えきれず、あえなくコテッと倒れてしまいました。

タミ
タミ

一度角度がついてしまったら立て直すのは難しい、体勢も整ってないですから、、(´Д` )

幸い横に縁石があり、そこにパニアが引っかかる事でほぼ無傷でしたが、かなり焦るのと同時に、一度倒れる態勢に入ったバイクを人の力で戻すのはかなり難しいと痛感するでき事でした。

タミ
タミ

お尻が痛くて対策をしている人も多いと思う、ゲルザブ装着やアンコ盛りのあとは特に注意が必要だね!

立ちゴケのショックから立ち直るには?

個人の性格により異なるとは思いますが、基本的には時間に解決してもらう事になるでしょう。

タミ
タミ

時が忘れさせてくれるさ…

うだら
うだら

タミちゃんはどうだったの?

タミ
タミ

家に着いた頃には忘れてました

(( ̄δ・ ̄)ホジホジ

こんな人もいると思いますが、なかなか忘れられない方もいます。傷が大きいとさらに引きずるはずです。

タミ
タミ

私は傷が浅かったのと、元々引きずらない性格なので…(。-∀-)

そんな立ちゴケのショックから、なるべく早く立ち直る方法は、まさに今している事、人の立ちゴケ体験を聞く(見る)事です。

けっして人の不幸を楽しめと言っているわけではありません。立ちゴケが自分だけの事ではなく誰にでも起こる事だという事を知り、自分だけの物になってしまっている不幸を和らげましょう。

タミ
タミ

YouTubeにいっぱい動画落ちているからね…(・ω・`)

それでも立ちゴケのショックから立ち直れないなら、思い切って直してしまうのも手です。

タミ
タミ

そうだ!傷を直してなかった事にしてしまおう!

少しの傷なら自分で補修してみよう!

カウルが割れてしまったなど、ほとんどの場合はパーツの交換という選択肢になりますが、軽い擦り傷程度なら自分で補修するというのもバイクに愛着が湧くかもしれません。

基本的な流れは研磨→塗装→クリアという感じですが、プロの様に仕上げるのは難しいです。特にPP樹脂は仕上げが難しいので、注意しておこないましょう。

うだら
うだら

まさかやってみるの?ドキドキ

では実際に私のパニアの傷で試してみます。

うだら
うだら

やるのかー!ブロガーの鏡だね!

(*゚∀゚*)

まず用意するのは耐水ペーパーと研磨材です。研磨剤はあくまで仕上げなので極細目だけでいいと思います。また何かあった時の為に艶出しなど余計な機能が付いていない物がいいと思います。

仕上げようにアーマーウォールを、家にありました。

傷の確認です。実際大した事はありません。

擦り傷程度ですね。ではやっていきましょう。

まずは耐水サンドペーパーで傷を慣らします。あまりに深いところはドツボにハマるので諦めましょう。

タミ
タミ

必ず水に濡らしながらやりましょう!

ほぼ平になりました。コンパウンドで仕上げます。

少し磨きすぎました、、最後にコーティングしていきます。

タミ
タミ

やっちまったかもしれん、、( ;∀;)

完全に戻りきりませんでしたね。PP樹脂磨きは難しいです。しかし、傷はほとんど消え、素人にしては頑張った方でしょう。

うだら
うだら

凄い!綺麗じゃん!(*゚▽゚*)

タミ
タミ

納得がいかん!塗装とか色々勉強してアップデートします( ̄^ ̄)ゞ

うだら
うだら

そういう性格、尊敬するわw(⌒-⌒; )

まとめ

大事な事なのでもう一度言います。

  • むやみやたらとUターンしない
  • 慌てない
  • こまめに休憩をとる
  • 基本に忠実にである

立ちゴケは誰にでも起こりうる事で、突然やってきます。偉そうに立ちゴケを起こさない対策を書いてみましたが、実際100%できるかというと無理だと思いますし、私もできてません。

もちろん、立ちゴケしない事が1番良い事ですが、『立ちゴケした後に適切な対応ができるか』『立ちゴケする事を想定した対策をとっているか』この2点も同じくらい大事だと思います。

立ちゴケをするとかなり精神的にショックを受けます。まだ起こしていない方はしっかり対策を起こしてしまった方は誰しも通る道なので、あまり深く気にする事はありませんが、反省すべきところは反省し、今後に活かしてください。

以上最後までありがとうございました。

 

 

コメント